沿革

1888年
(明治21年)
1月 青少年の教育のために、5名のマリア会員が来日。
  2月 京橋区築地明石町に小規模の学校を設立。生徒数6名。
  7月 麹町区元薗町に移転、暁星学校と命名。
  8月 私立暁星学校の設立認可。
1889年
11月 新校地の購入準備に着手。この年、生徒数50名。
1890年 7月 現在地に移転
  8月 単級4年の私立暁星小学校の設立認可、本格的に授業を開始。
1899年 10月 私立暁星中学校の設立認可、生徒数140名。
1902年 5月 制服着用規定の制定。
1910年 5月 中学校の生徒定数400名を600名に増員
1913年
(大正2年)
4月 小学校舎落成
1917年 10月 マリア会創立100年祭を挙行。
1919年 5月 本校卒業生にフランスのバカロレアと同資格が与えられることに決定。
1920年 5月 中学校の生徒定員を700名に増員。
1923年 9月 関東大震災による被害甚大。
1925年 10月 校舎再建の落成式と創立35周年記念式典を挙行。
1928年
(昭和3年)
4月 中学校の生徒定員を750名に増員。
1936年 3月 校歌の制定。(北原白秋作詞・山田耕筰作曲)
1937年 10月 講堂新築。
1938年 1月 マリア会渡日50周年記念祝賀式典を挙行。
1941年 2月 中学校の生徒定員数を1,000名に増員。
1945年 3月 中学校校舎・本館など全焼。
1947年
(昭和22年)
4月 新学制による私立暁星中学校の設立認可。
  12月 財団法人暁星学園の認可。
1948年 1月 創立60周年記念式典を挙行。
  3月 高校設立の認可がおり、暁星高等学校が発足。
1951年 3月 私立学校法に基づき、学校法人に組織変更。
1958年 11月 創立70周年記念祝賀式典を挙行。
1960年 1月 高等学校の生徒定員を600名とする。
  10月 中学校の生徒定員を600名、1学年を4学級編成とする。
1965年 7月 那須校外学舎の新築。
1967年 6月 プールの設置。
  11月 学園聖堂・生徒食堂・部室の新築。
1968年 7月 特別校舎の新築。
  11月 創立80周年記念祝賀式典を挙行。
1969年 4月 暁星学園幼稚園を設立。(幼・小・中・高の一貫教育スタート)
1977年 7月 軽井沢校外学舎の新築。
1978年 9月 グランドにタータン舗装。
  11月 創立90周年記念祝賀式典を挙行。
1988年 11月 創立100周年記念祝賀式典を挙行。
1989年
(平成元年)
3月 創立100周年の新築工事(中・高校舎、事務棟)竣工。
1991年 4月 暁星学園幼稚園を暁星幼稚園に改称。
1993年 8月 下のグランド人工芝に。
1998年 8月 上のグランド人工芝に。
2000年 8月 幼稚園新園舎落成
2001年 8月 体育館・講堂耐震工事完了
  12月 那須校外学舎耐震工事完了
2002年 8月 IT情報教育設備(一式)整備完了
  12月 露台耐震改修工事完了
2004年 8月 中高特別教室棟および聖堂の耐震補強工事完了
  8月 中高視聴覚教室AV機器更新完了
2013年 11月 創立125周年