マリア会


マリア会創立者
ギヨム・ジョゼフ・シャミナード神父

本学園はカトリック男子修道会『マリア会』によって創立されましたが、 マリア会は、フランス人ギヨム・ジョゼフ・シャミナード神父によって 1817年フランス南西部のボルドー市に創立されました。

シャミナード神父はフランス革命後、荒廃した社会を再建すべく、青少年の教育に携わる修道院を創立、 1819年、ボルドー市に15名の生徒を集めて中学校を開校しました。5年後にはフランス南西部に15の学校を持つまでに発展し、 今では世界30数カ国において約1600名のマリア会員が約8000名の教師と協力し、 大学、高等学校、中学校、小学校ならびに幼稚園を含む135の教育施設で教育にあたっております。

1887(明治21)年、5名のマリア会員が日本に派遣され、翌年本校が創立されました。 1891年には長崎に海星学園が、1898年には大阪に明星学園が、 1901年には横浜にセント・ジョセフ学院が創立されました。 戦後、札幌の光星学園を継承し今日に至っております。